忍者ブログ

ビールを飲んで、ライブをして、本を読んでます。 あちこちうろうろしてます。一年に一回ぐらいぼやきます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20100318hiwatari001.JPG

毎年3月の第2日曜日に高尾山では火渡り祭りが行われます。

火渡り祭りは高尾山の修験者達が行う、火をバンバン燃やす勇壮な儀式です。密教によるところの浄火で厄災を祓う、激しくも熱い修行なのです。

そんな文字通り熱い祭りを見に、高尾山まで行ってきました。
そして、火を渡ってきました。


一般の人も火渡れる

祭りのクライマックスはその名が示すとおり火渡り。修験者達が火を渡る火生三昧(かしょうさんまい)と呼ばれる修行が一番の見どころです。
そしてこの祭りでは、修験者に続き一般の人も火を渡る事が出来るのです。


火は裸足で歩いて渡ります。熱くないのか?と言われれば、これはやっぱり熱いでしょう。なにせ、火ですから。熱くない訳がない。
それでも、そんなスサマジイ祭りに参加出来る機会というのも、そうありません。


なので、AKとかいう人も火渡りをやってみる事にしました。
煩悩まみれの身体が丸焼けにならない事を祈りつつ。火渡ります。



みんな火を渡りたい

会場に到着したのは祭りが始まる30分程前です。
始まるまで少し余裕を持って行ったつもりでしたが。


20100318hiwatari002.JPG
すでに大勢の人が来ていました。


ほとんどが見物客なのかと思っていたら、ざっと見た感じでどうやら半分くらいの人達が、火を渡りに来ているようでした。
というのも、見物の人だかりとは別に、火渡りの順番を待つかなり長い行列が出来ていたのです。


20100318hiwatari003.JPG
このはるか先まで、列はず~っと続いてました。


こんなに大勢の人が火を渡りに来ていたとは思いませんでした。並んでまで火に飛び込む、じゃなくて火を渡りたい人々。熱いですよ、火は。随分小さな子まで並んでいますが大丈夫ですか。
と言っているAKとかいう人もその中の1人なので、功徳にあやかるため列に並び、火を渡る順番を待ちます。



というわけで、続きます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[06/28 AKとかいう人]
[06/27 おとなる]
[11/15 AKとかいう人]
[11/14 山崎 裕人]
[10/01 AKとかいう人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
AKとかいう人
性別:
男性
自己紹介:
ビールばかり飲んでる。
特技は先送りと後回し。
バーコード
BEER
Copyright AKのぼやき by AKとかいう人 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]