忍者ブログ

ビールを飲んで、ライブをして、本を読んでます。 あちこちうろうろしてます。一年に一回ぐらいぼやきます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忘年会シーズンで街は赤ら顔の陽気な人たちであふれかえっていますね。
AKとかいう人も負けじとあとに続こうと思いますが最近は忙しい日々を過ごしていて、なかなか本腰入れてビールを飲む事が出来ません。少々サビシイです。

さてさて乱読シリーズ、前回の続きです。


・雪男は向こうからやって来た(角幡唯介/集英社)
著者自ら雪男捜索隊に加わり、その謎の生物を追う人々を描いたドキュメント。

・死のテレビ実験 人はそこまで服従するのか(クリストフ・ニック ミシェル・エルチャニノフ/河出書房新社)
架空のクイズ番組で不正解した解答者に電気ショックを与える実験。架空と知らない被験者は解答者にどこまで強力な電気ショックを与えるのか。

・アンティキラ 古代ギリシャのコンピュータ(ジョン・マーチャント/文春文庫)
ギリシャの海底から機械の破片が引き上げられた。小さな箱に多くの歯車が組み込まれた複雑な機械は二千年前の物らしいです。SFではなくその謎にせまる研究者たちを追うノンフィクションです。

・複雑さと共に暮らす デザインの挑戦(D・A・ノーマン/新曜社)
見かけの簡単さと実際の扱いやすさの違いは?テクノロジーがもつ複雑さの中で人を適切な行動に導くためにデザインはどう取り組むのか。

・出世しない秘訣 でくのぼう学(ジャン=ポール・ラクロワ/こぶし書房)
毒の効いたユーモアが痛快です。出世しないためにはまず子供の頃からが肝心です。組織に絡めとられずいかに個をたもつかという事かな。

・人生なんて無意味だ(ヤンネ・テラー/幻冬舎)
挑発的なタイトルが続きます。世界中で文学賞を受賞している児童書。タイトルだけで買いました。

・ボートの三人組(ジェローム・K・ジェローム/中公文庫)
数々のオマージュ作品を生み出したユーモア小説の古典。そのオマージュの方は読んだ事があったのですが本家はまだでした。

・どくとるマンボウ航海記(北杜夫/新潮文庫)
亡くなられたのを機に。好きな旅モノですし。この際ですから。

・町長選挙(奥田英朗/文春文庫)
ご存知トンデモ精神科医の伊良部シリーズ第3弾。相変わらず笑わせてくれながら、うむっと思わせる言葉もちょこちょこと出てきます。

・東京箱庭鉄道(原宏一/祥伝社文庫)
フリーターが謎の老紳士に頼まれ東京に鉄道を敷く。知識も技術も無いのに。いいじゃないですか、これ。

・大衆食堂パラダイス!(遠藤哲夫/ちくま文庫)
定食についてのエッセイかなと思いましたが違いました。味のある大衆食堂と人々の話です。たっぷり昭和テイストに浸れます。


というわけで今回の乱読でした。
紀行とノンフィクションが多めです。

PR
<< 地球はかっこいい   HOME   乱読 その7 >>
[372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[06/28 AKとかいう人]
[06/27 おとなる]
[11/15 AKとかいう人]
[11/14 山崎 裕人]
[10/01 AKとかいう人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
AKとかいう人
性別:
男性
自己紹介:
ビールばかり飲んでる。
特技は先送りと後回し。
バーコード
BEER
Copyright AKのぼやき by AKとかいう人 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]