忍者ブログ

ビールを飲んで、ライブをして、本を読んでます。 あちこちうろうろしてます。一年に一回ぐらいぼやきます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20100615crane001.JPG

千葉港にはユニークな観光船があります。
それは千葉港めぐりといい、千葉中央埠頭を約40分かけて周り、港に並ぶコンテナターミナルや工場をめぐる一風変わった観光船です。

そんな港でよく見かけるのが、船からコンテナなどの貨物を陸揚げするクレーンです。よく岸壁すれすれに建っている、あのクレーンです。ガントリークレーンと言います。

今回のクレーン部は千葉港めぐりの観光船に乗り、そんなガントリークレーンを思う存分見てまわろうと思います。


やって来ました千葉港へ

JR京葉線のその名もずばり千葉みなと駅に降りると、さっそく潮の香りが辺りに漂っていました。
それだけ海に近いその駅から港まで、歩いて10分程で着きました。


20100615crane002.JPG
味わい深すぎる佇まいの観光船の乗り場。


中に入るとベンチがいくつか並べられた待合所と売店があり、売店では釣りの仕掛けなんかも売っています。
そっけなくも雰囲気のある待合所で乗船券を買うと、ちょうど良く出航の時間が近くなったアナウンスがありました。


20100615crane003.JPG
発着所へ行き、観光船あるめりあ号に乗船します。


船は停泊している時点ですでにそこそこ揺れています。この揺れが全くのシロートのAKとかいう人にはなんだか妙に楽しいです。楽しいけど船酔いしたらどうしよ、まあ、40分だし大丈夫だろ。なんて思っている内に、いよいよ出航です。



見どころは工場

さっきも書きましたが、周りにあるのは工場ばかり。普通、観光船と言えば風光明媚な景色を巡るものですが、ここでは工場とクレーンがメインの景色です。それはそれで、風光明媚な景色と言えなくもないかな。


観光船につきものの案内アナウンスの放送も、工場とかクレーンの話題ばかりです。
なので、見えてくる景色も・・・


20100615crane004.JPG
こんなのとか。


20100615crane005.JPG
こういうのばかりです。


こんな調子ですからひょっとしたら客はAKとかいう人1人だけかも、なんて思っていましたが意外にそんな事も無く、カップルや小さい子供を連れた家族連れなども多く見かけました。結構、隠れた人気があるのかもしれません。それとも、実は皆さんクレーン部だったのかな。



というわけで、始まりましたクレーンめぐり。ホントは港めぐりですが。
クレーン部初の次回へ続きます。この後、クレーンの写真を絶え間なく見せられます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
ブログ内検索
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[06/28 AKとかいう人]
[06/27 おとなる]
[11/15 AKとかいう人]
[11/14 山崎 裕人]
[10/01 AKとかいう人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
AKとかいう人
性別:
男性
自己紹介:
ビールばかり飲んでる。
特技は先送りと後回し。
バーコード
BEER
Copyright AKのぼやき by AKとかいう人 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]